美容師の技

レイヤーカットとは?レイヤーを徹底解説 (ロングスタイル編)

「重いのでレイヤー入れますね」「レイヤー入れるスタイルにしますか?」などと美容師さんに言われた事はありませんか?

美容室でよく耳にするレイヤーとは一体なんなのでしょうか?
レイヤーカットのメリット、デメリットについて詳しく説明します

レイヤーカットの基礎知識と種類

レイヤーとは「段」「層(そう)」の事

レイヤーを日本語に直訳すると「層」「階層」などになります。

髪の毛のカットに対して使うレイヤーカット(スタイル)も同じで髪の毛が層になることを意味します。

具体的には表面の髪の毛が短くて下に行くにつれて長くなる段差がつくヘアスタイルのことをいます。

また、世代によっては「段カット」と呼ばれることもあります。

レイヤー

髪が伸びて全体的に重たい……。髪を切りたいけど長さは変えたくない。そんな方にオススメなのがレイヤーカット。髪に段差をつけることで全体を軽くし、さらにカールやウェーブで動きのあるスタイルに仕上げたりすることができ毛流れが強調されます。

レイヤー「段(層)」をいれるとは?

施術方法としては、簡単に言うと「段差をつける」です。毛束を真横に髪を引き出して頭皮または地面に対して90度にカットする手法がレイヤーの入れ方となります。

髪を真下に下ろしてみると、段差の幅が広くなります。毛束に段差が付くことによって髪の厚みが減り、毛先も軽くなるのです。レイヤーの中には、段差のつけ方によっていくつかの種類があります。

ざっくり言うと大き目の段差をつけるのが、ハイレイヤーという手法です。逆に、低めの段差のタイプはローレイヤー(グラデーション)と呼ばれます。カットラインが全て均等な長さの場合はセイムレイヤーとなり、全体的なシルエットが「ひし形」になるのが特徴です。さらに派生してデザインを高めていくとマッシュレイヤー、ウルフと呼ばれるハイファッションスタイルが楽しめます

レイヤーを取り入れると、髪を梳かずに軽めのヘアスタイルを作れます。毛先に動きが出るため、自然で軽やかな流れを作れるのもメリットです。さらに「髪を梳き過ぎて毛先がまとまらない」といったトラブルも避けられます。

レイヤーカットの展開図

①レイヤー(セイム)
地肌から90°に引いてカット すべての髪が地肌から均等の長さにになる
②ローレイヤー(グラデーション)
地肌から45°に引いてカット 上に行くほど髪が長くなる
③ハイレイヤー
地面から90°に引いてカット 上に行くほど髪が短くなる
④ワンレングス
床に対して垂直に引いて平行にカット

各デザインの展開図を極端にすると・・・

①レイヤー(セイム)
②ローレイヤー(グラデーション)
③ハイレイヤー
④ワンレングス

実際切ってみるとこんな感じの髪の流れになります

レイヤーとシャギーの違いは?

「レイヤーとシャギー」実は混合してしまってる用語だったりします。

結論から言うとレイヤーとシャギーは全く違うものです!一般の方からは「同じものなんじゃないの?」と勘違いされることが多いですが、この2つは違うものなんです。

レイヤーとは上記したように「段(層)」を入れたデザインの事です。

シャギーとは毛先を軽くするために梳いたり削いだりする事です。シャギーカットを行う事によって、毛先に動きが出たり軽やかな印象になったりする効果があります。

シャギー

シャギーカットをすると、このように毛先が先端に向かって細くなります。

束感も出ているのがわかりますよね。

シャギーはただ単にセニング(梳きばさみ)で梳くだけとは違います。毛先をギザギザにして軽さや動きを出すためのカット方法なので、前髪や顔周り、襟足の毛先にシャギーカットを施すことが多いです。

レイヤーを入れるメリットとデメリット

◆メリット

  • メリハリのあるスタイルになる
  • 軽やかさを出したりふんわり感を出したりすることができる
  • 動きが出やすくなる
  • パーマとの相性が抜群
  • 華やかに見える
  • 透明感カラーなどが映える

◆デメリット

  • 入れ方を間違えると広がりの原因になる
  • 寝癖がつきやすい
  • 跳ねやすい
  • 毛先がダメージを受けやすい

お客様の髪質や毛量、骨格などを考慮してレイヤーを入れていく必要があります。

一切レイヤーもシャギーも入れない髪型は野暮ったく見えやすいです。そのため基本的には、どんな方であってもレイヤーやシャギーは「ほとんどの方におすすめ」と言えます。

ただし、レイヤーやシャギーの入れ方や全体のデザインは、しっかり考える必要があります。一人一人髪質も毛量も違う上に、理想としているヘアスタイルも違うからです。

例えば「毛先がぱっつんになっている切りっぱなしボブにしたい!」というお客様にはシャギーを入れたら駄目です。シャギーカットしてしまったら、ぱっつんにはならないので注意をしていきましょう。

レイヤーを取り入れると、髪を梳かずに軽めのヘアスタイルを作れます。毛先に動きが出るため、自然で軽やかな流れを作れるのもメリットです。さらに「髪を梳き過ぎて毛先がまとまらない」といったトラブルも避けられます。

美容院でレイヤーをオーダーする時には、具体的に理想の髪型をイメージしてから行きましょう。レイヤーと一言で区切っても、その中には沢山の「○○レイヤー」が存在します。できるだけ写真や雑誌を見せて、自分に合ったレイヤースタイルを手に入れてください!

似合うレイヤーカットの見つけ方

レイヤーカットに挑戦したいけど、自分にはどんなカットが合うんだろう? 4つのポイントでお気に入りのレイヤーカット を見つけてください♪

1.雰囲で選ぶレイヤースタイル

▼キュート系

Instagram(写真提供:@aikohan611)

かわいらしい雰囲気がお好みの方は、丸みのあるフォルムを意識して。ウルフヘアなら断然ネオウルフがおすすめ。髪の色は明るめでも暗めでも可愛くなってしまう万能なスタイル。髪色など身だしなみに厳しい企業で働く女性にオススメな「可愛い雰囲気」を最大限に引き出すデザインです

▼クール系

毛先に厚みを残したロングウルフスタイル!猫っ毛で髪の毛がペタンとなりやすいロングの方に特にオススメです!表面の髪の毛を浮きやすく、動かし易いように短めに切ることで、かっこよくふんわりさせやすくなります!!ミディアム~ロングの方でもルーズに髪が動きやすくなるからセットが簡単で楽しくなります。

2.【前髪あり・なし】で全く別のスタイルに

前髪のあり・なしは、顔の印象を決める大きなポイント。自分のなりたい雰囲気で選んでみるのがいいかも!

▼「あり」なら可愛いさ増し増し

Instagram(写真提供:@nagai_maru)

「前髪あり」のヘアはあどけなく、かわいらしい雰囲気に。柔らかくガーリーな印象で女子度を上げて。レイヤーカットと相性がいいのは“シースルーバング”。抜け感プラス透け感で、透明感を底上げ。

▼「なし」なら大人っぽい妖艶さが半端ない

Instagram(写真提供:@aikohan611)

「前髪なし」のヘアは大人っぽくきれいめな印象に。美人度が増します。レイヤーカットに合わせるなら「ルーズな分け目」や「かき上げ」スタイルがおすすめ。

3.ストレートとパーマどちら派?

▼「ストレート」でナチュラルに

Instagram(写真提供:@koba_luce)

ストレートヘアはナチュラルで爽やかな清涼感のあるスタイルに。レイヤーで軽やかな質感と抜け感をゲットしちゃいましょう。さりげない柔らかさが魅力的。

▼「パーマ」でより動きをプラス

大人セクシーなグラマラスカール(髪型ロング)(ビューティーナビ)
AFLOAT JAPAN

パーマは自由自在に好きなカールを加えられる♪ 質感やカールの大きさ、柔らかさもたくさんの種類があります。レイヤーで動きをつけた髪の毛にパーマをあてたら、ダブルの効果でより動きをプラスできます。ショートからロングスタイルまでレイヤーとパーマの相性は抜群

4.レイヤーの高さ(位置)はどうしよう?

▼ハイレイヤー

Instagram(写真提供:@lila_tsuyoshi)

「ハイレイヤー」は段の位置が高いカットの方法。顔周りのカットに用いられることも多いです。ハイレイヤーのおすすめポイントはおくれ毛がつくりやすくなること。レイヤー系スタイルの中でも、もっとも軽い印象になり髪の毛全体に軽さと動きが出るスタイル。

▼ローレイヤー(グラデーション)

Instagram(写真提供:@roomoo_higashi)

「ローレイヤー」は段を低い位置に入れるカットの方法。「グラデーション」とよぶことも多いスタイルで、落ち着いた雰囲気に仕上がるので大人っぽさをだしたい女性におすすめです。さりげなく動きをだしたいときや、おさまり(質感)を重視したい時にはローレイヤー(グラデーション)を入れてみて♪

【長さ別】おすすめレイヤースタイル

レイヤーカットはどんな髪の長さとも相性がいいカット方法です。好みの長さからお気に入りのヘアスタイルを探してみて。 長さは変えずにイメージチェンジしたいという方にもおすすめ!

ショートヘア

ショートスタイルの代表格 ショートレイヤー

Instagram(写真提供:@films_omata)

シンプルなひし形ショートヘア。首回りがすっきりしていて、どこか大人の余裕を感じさせます。毎日のスタイリングも簡単なので挑戦しやすいスタイル。分け目をなくしてベリショートにすると最大限にショートスタイルを楽しめます♪分け目をつけるとハンサムショートの完成です♪

アンニュイなマッシュショートレイヤーはパーマもMIXで

Instagram(写真提供:@yumiko_garden)

不思議な魅力が漂うマッシュヘアを重めにカットすれば、ミステリアスでアンニュイな雰囲気に。レイヤーカットをインすれば、野暮ったさを打ち消してくれます。パーマとの相性もよくフワフワしたフレンチ系にしても激カワです

ミディアムヘア

大流行中ネオウルフ

Instagram(写真提供:@zen_rotika)

流行中のウルフヘアからさらに進化した「ネオウルフ」。女性らしさや取り入れやすさがプラスされた最旬スタイル。

ナチュラルなミディアムレイヤー

Instagram(写真提供:@gien_fukuhara)

大人の女性におすすめなナチュラルで上品なロブ風レイヤー。ロブヘアというのは、肩上2cm~肩下5cmまでのボブスタイルのこと(ロング+ボブ=ロブ)。この長さのレイヤーは良くも悪くも跳ねやすいです。硬い印象にもなりやすいのでパーマで崩して柔らかさ出すか、硬さのある髪と相性のいい深め艶カラーで質感を最大限に引き出すのもいいかも♪

ミディアムレングスレイヤー×かきあげで大人の魅力を

Instagram(写真提供:@__ayatarooo)

レイヤーならではのルーズウェーブに前髪をかきあげたら、大人っぽくモードなイイ女風。大人の余裕を感じさせるリラクシーな印象に。シアバターでスタイリングすると簡単にかきあげスタイルが楽しめますよ♪

話題の再ブレイクボブレイヤー

人気が高いボブにレイヤーを入れたレイヤーボブは普通のボブよりも軽やかな印象となります。濡髪を演出できるスタイリング剤をつけて外跳ねエアリーレイヤーボブの完成♪

ロングヘア

ユルフワパーマで軽さと抜け感をゲット

大人かわいいセミウェーブ(髪型セミロング)(ビューティーナビ)
AFLOAT JAPAN中島 明日香

女性らしいふんわりロングレイヤー。ユルフワパーマをかけて軽さと抜け感がモテヘアを演出。スタイリングが簡単でこなれ感も抜群◎。やり過ぎない自然なボリュームや動きがポイント。

暗髪アッシュとハイレイヤーのコンビで大人の魅力度UP

Instagram(写真提供:@hamaken5)

ロングヘアで髪の毛が「多毛・太い・硬い」という方は多いのではないでしょうか? 日本人は髪の毛に柔らかさが出にくいです。ぜひロングハイレイヤーに挑戦してみて! 柔らかさが出るようにしっかり深い位置からシャギーをいれて軽さをしっかり入れるのがポイントです。

毛先にパーマをかけて柔らかい印象に

Instagram(写真提供:@yske_9)

毛先の抜け感で、女性らしいこなれ感のあるロングヘアに。外側に巻いたり、内側に巻いたりして髪の毛を遊ばせるのがかわいい♪ 髪の毛は巻きすぎないのが今っぽい。

レイヤーカット(ロングスタイル編)まとめ

ロングヘアの重たさを解決させたいなら、レイヤーを入れてみて! レイヤーで軽やかにイメージチェンジしたり、入れ方次第で小顔見せも叶います。髪の長さを変えたくない人やロングヘアに軽やかさをプラスしたい人はぜひ試して、軽やかロングのモテ髪を手に入れてください

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SHIMA

2009年、沖縄にHair resort DiDi un modeを開業。 お客様に安心して「任せてもらえる美容師」になれるように日々精進しております。

-美容師の技

© 2020 沖縄の美容師-SHIMA-の髪に関する謎解きブログ Powered by AFFINGER5